まったり制作記

RPGツクールでゲームを作っていく日記のような何か

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

能力値追加

前の土日はなぜか頭が冴えてて、かなりはかどってラッキー♪だったので
せっかくだからかいておこー

status1.jpg

タイトルにもあるように、能力値が変わっているのです

STR => 攻撃力(データベースで設定したやつ)
VIT => 防御力(データベースで設定ry)
INT => 精神力(データベースry)
DEX => 敏捷性(デry)

まぁ、これらはデータベースの値をとってるだけで、意味ないと言えば意味ないね

MAT => 魔法攻撃力
MDF => 魔法防御力
LUC => 運

べっ、べつにAceの事なんて全然意識してないんだからね!

魔法防御や運のステータスを追加するスクリプト素材があるのは知ってますが
ステータス追加による競合(というか表示的な不自然感)は半端じゃないので
ほとんど自分でつくることに・・・
内部的な処理だけをさせるなら簡単だけど
ステータス画面とかに表示させようとすると、かなりメンドクサイです
エラー落ちはもうしないと思うけど、まだかなり不安な感じが・・・

それで、ステータス画面を変えるということは
モンスター図鑑の表示も変えなければいけないわけで・・・

mb4.jpg

ホントに疲れたわんわんお!


もう他に変えるところはない・・・と思いたい~><

スポンサーサイト
ツクール | コメント:0 | トラックバック:1 |

命中率と回避率

久しぶりのツクール関連(笑
最近は何か書くほどの進展がなかったので、書くに書けないというね・・・

まぁ、それはおいといて

VXの命中と回避の判定が別々に行われるのが納得いかなかったので
命中の判定を (命中率-回避率) という感じにしてみた。

ていうか、こうじゃないと攻撃側は命中100が当たり前で
防御側の回避率はろくに上げる事も出来やしないんですよ!
回避率20にしようものなら、命中率100でも5回に1回は外れるって・・・ねぇ!

そんなわけで、これからは回避率が200でも命中率が300なら当たっちゃうんだよ!?
むしろ、これがデフォだと言いたい。

ツクール | コメント:0 | トラックバック:0 |

ピクミン3

ついに、あの「ピクミン」の続編の最新映像がE3で公開されました!



とりあえず、これで Wii U を買わなくてはならない事になった!

ピクミン2が発売されてからかなりたってるけど(8年くらい?)
ついにきたよ、ついに!
ずっと音沙汰なしであまり期待してなかった分、かなり嬉しい!

公開映像を見る分には、操作キャラは1と2の主人公のオリマーではないらしい
4人のキャラを操作して進めることになるみたいだけれど、一体誰なのか?
オリマーの子供たちとか、かな?
あと、白ピクミンと紫ピクミンはどうなったのか?
気になる事はたくさん残ってるなぁ~

それと、グラフィックがかなり綺麗ですごかった
もともとゲームキューブのころからよかったと思うけど、
フルHDなのでさらに!

もう今から予約したい気分だけど、いつ発売されるんでしょーか?

ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |

これはひどい・・・

某所で「学園都市ヴァラノワール」というアニメがあることを知りました。

聞くところによると、かなりできの悪いアニメということで有名?だそうです。
せっかくなので、と思い見てみることにしてしまいました。

気になった方はこちらからどうぞ。
私はこれを見て人生の27分間を無駄にしたような気がします。
まだ続きがあるようですが、とても見る気が起きません。

こういうものを作ってはいけないんだ、ということを学びました。

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

もうちょっとこまめに更新

したいな、と思ったのでしてみる。

そろそろ「ドラゴンクエストモンスターズ」が発売されるけど
なんで、テリーのワンダーランドなのか・・・

DQ6のテリーはホントに使えないし、
ドランゴ引換券とさえ言われる彼が、なぜ、主人公になれたのか?

それが疑問・・・

でも、当時流行ってたのは覚えてるし、私も夢中になってたなぁ(遠い目

そんなわけで、時間があったらぜひ発売される3DS版をやってみたい
まだすぐ買うというわけではないけども!


しかし、いどまじんがキモイですorz
開発者はあのデザインに疑問を持たなかったのだろうか・・・

ぜんぜん子供向けじゃないよ!

ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。